福岡にある「CSI福岡留学センター」はイギリス留学を希望される方へユニークなプログラム(留学・ホームステイ・海外ボランティア等)をご提供します。
イギリス留学のCSI福岡留学センター イギリス留学はCSIにお任せください。
イギリス留学のCSI福岡留学センター
CSI福岡留学センター(CEC福岡事務局) [HOME]
メニュー

イギリスへの留学

ホームステイ&プチ留学
ロンドンホームステイ
コッツウォルズでステイ
英語教師宅ステイ

語学留学(英語)
格安学校への留学
ブリティッシュ・カウンシル認可校への留学
公立カレッジ・大学付属の英語コース

ボランティア&インターンシップ留学
NPOでの長期ボランティア
有給インターンシップ
(ホテル・ケアワーク)
短期間OKのボランティア体験

大学&カレッジ 正規留学
UK大学・大学院留学
専門留学/アロマテラピー・アート等


おすすめ留学
UKワーキングホリデー
(その他の関連プラン)

お知らせ(説明会等)
説明会・セミナー情報
FAQ・よくあるご質問
お申込み方法

おすすめ留学
オーストラリアボランティア
日本語教師インターン
ハワイ・プチ留学

国内留学&英会話コース
おすすめ英語コース
(留学準備/IELTS

リンク集
その他のリンク

IELTS公式ページ
IELTS試験の詳しい内容とお申し込み

British Council 
イギリス留学
IELTS対策のコンテンツが豊富







ホームコース案内説明会情報お問合せ
CSI福岡留学センターHOME >他の国でのおすすめ留学 >オーストラリアボランティア(ココ!)

「オーストラリア・ボランティアホリデー」*短期間の受入れもOKです。
オーストラリアでの本格的なボランティア活動
オーストラリア社会の一員になり、福祉、幼児教育、環境分野でのボランティア体験
 6ヶ月間 380,000円・3ヶ月225,000円 *宿泊費用は特別料金設定あり。
[ プログラム紹介 ] [ プログラム費用 ] [ 現地レポート ]
















 
プログラム紹介
 
活動先はクイーンズランド州の老人ホーム、幼稚園 、チャイルドケア施設、地域サービスセンター(主なサービスは、老人、障害者宅を訪問し、訪問介護、援助サービス)、環境保護団体 (海洋、森林の保護)となります。 期間中の滞在先は各派遣先のスタッフ宅でのホームステイ、派遣先が提供するアパートなどが提供されます。 オーストラリア現地の福祉局なども非常に前向きにボランティアの受入を考えてくれています。 日本人がとても少ない街で素のオーストラリアのコミュニティーを経験できます。

参加に関する英語能力
英検2級程度以上。英語のレベルチェックの結果、直接派遣が可能な方、又は一定期間(4〜8週間)英語を現地で勉強して参加することを条件とさせていただく場合があります。

宿泊、食事が無料で提供されます
滞在先は各派遣先のスタッフ宅でのホームステイ、派遣先が提供するアパートなどになります。 食事は基本的に2食提供していただきます。お小遣いの提供はありません。

派遣先地域は治安、自然、環境、最高のロケーション
派遣先は、現在クイーンズランド州が中心にあります。 
そのなかでまず、活動拠点となるのがハービーベイ、ブリスベンから小さな飛行機で50分北の所です。地域の環境が良く、人々も優しく友好的です。 日本ではあまり知られていませんが、現地の方々にはよく知られたリゾート地です。

○プログラム参加費用○
     期   間      お1人あたりの費用
     6ヶ月         380,000円-
     3ヶ月     225,000円-
     1ヶ月        135,000円-
    4週間未満   ⇒お問い合わせ下さい。
上記料金に含まれるもの
・派遣先の施設との受入交渉、派遣作業
・出発前のオリエンテーション
・派遣先最寄の空港への出迎え
・プログラム期間中のサポート(現地コーディネーターによる)

費用以外にかかるもの
・ボランティア活動期間中の宿泊 
 *最大$150/週(特別費用)
・往復の国際航空運賃
・海外旅行傷害保険加入費用
・現地での英語研修費用とその期間中の滞在費用
・現地での派遣期間中の昼食代
・パスポート取得、ビザ申請費用

参加条件
6ヶ月コース:ワーキングホリデービザが取得できる方
3ヶ月&1ヶ月コース:18歳以上の方

*現地コーディネーターの決定に従って、オーストラリア国内
 いずれの派遣先にても活動することを了解される方
*英語能力がボランティア活動を行うにあたり十分では無いと
 判断させて頂いた場合、指定の英語研修を受講を了解される方
*地域の人々と交流に努力し、積極的行動がとれる方。

参加手続きの流れ
毎月、説明会や個人面談を行っています。詳細の確認や英語のレベルチェックによるアドバイスを行っています。
ページ上部へ

























  このプログラムの主な派遣先として予定される、協力施設、地方自治体などを訪問し、 関係者へもお話を聞いてきました。 日本からのボランティアが活躍できる場としては、 現在は福祉、環境、教育(保育) 分野が中心となります。

派遣先は現地のコーディネーターが派遣先交渉しながら決定していきます。 希望通りの分野 にならない事もあるかもしれませんが、どの分野でも活動地域との深い付き合いができます。

派遣先地域は自然、環境、最高のロケーション
派遣先は、現在クイーンズランド州が中心となります。 
主な派遣地域の1つ、クイーンズランド州、ハービーベイは、クイーンズランド州の州都ブリスベンから北へ、 国内線にて40分程度、人口4万5,000人程度ののどかな街です。  美しい海岸の続くオーストラリア東海岸沿いにあり、なだらかに広がる 美しいビーチが地域の自慢です。 沿岸には世界遺産に登録されている「砂の島」フレザー島があり、ヨーロッパなどからの観光客でも賑わいます。
また、ホエールウォッチング(クジラ)でも有名なところです。

街のメインストリートは、エスプラネードといわれる海岸沿いの道となり、道沿いには、 飲食店や、スパーマーケットなど、また夏季にバケーションで訪れる方用の短期滞在用 のホテル、おみやげ物屋、ツアーデスクなどもみられます。 

実際の生活の場としては、郊外型の大型スーパーマーケットや、 店舗などが住宅地周辺に点在しており、都市部と大きな差は感じさせません。  市の中腹には、 近代的なガラス張りの立派な図書館、展示場、体育館があり、 市民の文化活動に利用されています。

福祉分野の活動先
最初に訪れたのは、老人ホーム。緑に囲まれ、とても明るい外観は老人ホームを思わせません。  民間の非営利団体により運営をされており、約40〜50名程度の老人の方が入居されています。  入居される方には、大きく長期滞在者と、短期(休暇、休養、リハビリなど)滞在者にわかれており、 それぞれのニーズに応じた対応が行われています。

長期滞在者のなかには、老いによる身体障害のある方、また身体的には健康でも、 痴呆症状のある方が暮らします。 園長先生は専門的なケアを行いながらも、明るく、 家族的な雰囲気つくりに心がけています。私の訪問中も、360度、 様々なところへの配慮を欠かしません。 施設内、スタッフの皆さんもとてもフレンドリーです。 オーストラリアの老人ホームは大小様々な施設がありますが、 ここはちょうど平均的な規模の施設となるようです。 

自立支援サポートサービス
次に、身体障害、老人向けの訪問介護サービスを行う民間団体を訪問しました。  常に100名を越えるスタッフ(日本でのホームペルパーさんのような方々) がおり、チームにわかれて仕事します。 施設内にはリハビリ施設や、カウンセリングルーム、 またスタッフ用のトレーニング(研修)ルームなどがあり、忙しくスタッフが行き交います。  ディレクターのパットさんに「ボランティアに何をに期待するか?」尋ねてみました。「 あと1人いれば利用者さんにとって、『こんなことが可能になるのに』を少しでもボランティアの活躍により実現したい。」というものでした。 

たとえマンツーマンのケアができていても、「スタッフが2名いれば外出もしやすくなる」 「老人を孤独な状態にせず、つねに声をかけていたい」と熱心で、ハンディーを持つ方の 視点を忘れません。 前職は看護士として活躍していそうです。

環境保護の活動
ひとことに環境といっても、その分野内の種類や、活動は多岐にわたります。  今回は2種類の受入予定先を訪問しました。

まずは、地方自治体(州、市町村)などの地域サービス課に所属して、 環境整備などを行う活動先として、協力のハービベイ市役所の担当者を訪問。 前述の福祉サービスにももちろん強く関連しますが、環境に関しての市の取り組みは、 市営の植物園のプランニング、造園、掃除などから、ビーチ地区の清掃など、 市民が快適に維持するために努力します。もちろん、 リサイクルなどさらに本格的な分野もありますが、 ボランティアが活躍しやすい場としては前者となるようです。

教育、保育分野の活動
この分野では、主に幼稚園、保育園(一時預かりなど含む) での子供のケアがボランティアの主な活動になります。個人宅での活動ではなく、 保育士の先生方についてのアシスタント となります。
小学校、高校などでの活動も考えられます。

訪問した施設はとても明るい雰囲気で、 また子供たちが楽しく時間をすごせるよう、工夫されています。大きな規模のものでは幼稚園、 小規模なものでは、地域センターなどに設置された一時預かり保育所など、いずれも各家庭の事情などにもあわせ、 子供たちへのよりよい環境を提供するため機能しています。
この分野では、主に幼稚園、保育園(一時預かりなど含む) での子供のケアがボランティアの主な活動になります。

子供たちの成長をみる大事な役割
異文化教育を含め、学校の様々な活動の(レクレーション系) アシスタントを行います。  日本文化、言語に興味をもつ生徒も多いでしょう。  学校の広い敷地には、野生のカンガルーがひょっこり顔をだすことも。  オーストラリアでも都市部ではみられない光景です。

沢山の経験と多くの友人を作る。
最後に忘れてはいけないのは、この地域の人たちの人柄のよさでしょう。  もちろん、オーストラリアのどこに行っても明るいオージたちの性格は同じなのでしょうが、 都市部などにおいては、それがおもてにでないこともあるように感じます。 ここハービーベイ の人たちは、本当におおらかで、自然や環境に恵まれたオーストラリアらしさが、 この地域の人たちにこそ一番にあらわれているようです。
皆さんの参加をお待ちしています。

プログラムに参加された方が現地の新聞で紹介されました。
その新聞を見る


ページ上部へ

お問合せ
 CSI福岡留学センター(CEC福岡)  *ブリティッシュカウンシル公式資格取得カウンセラー常駐
カウンセリングルーム:〒810-0001 福岡市中央区天神4-8-2天神プラスビル3F
пi092)844−4572・Fax(092)844−4535 Email:csi@nifty.com
受付:10:00-18:00 (月〜金) ※予約にて土/日/祝、面談対応します。
      *天神カウンセリングルーム(予約制)随時面談可能です
福岡市中央区天神 留学カウンセリングルーム
UK(英国)オフィス:4 Montpellier House, 4 Suffolk Place, Cheltenham, UK>
大阪オフィス(CEC):〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-16-2-604
CSIは国際ボランティアプログラムで18年の実績を持つ、※説明受付中!
CEC Japan Network梶F文化教育交流会の福岡事務局です。
   〒532-0003大阪市淀川区宮原1-16-2-604  (06)6397-7030

 取り扱い実績・提携(CSIが福岡窓口となる)プログラムのご案内
(取扱実績) グリーンコープ生協海外研修ECCカレッジ福岡海外研修、生活クラブ生協(東京)海外研修など
 *成功する留学・海外進学(社)JYDA・高校交換留学、CECイギリスボランティアの福岡窓口です。福岡でご相談OK!
Copyright(C)2007   イギリス留学のCSI  All Rights Reserved.